『CSクレーム応対検定基礎知識編 日本講師協会とは』-インストラクターの育成・サポート-

CSクレーム応対検定基礎知識編 日本講師協会とは

講師の育成・講師の質のレベルアップを図る事を目的とした協会です。
設立は2006年ですが、協会設立にあたり下記のプロフェッショナル組織より設立形成された協会です。

日本講師協会設立の趣旨

講師・コンサルタントの資質向上と社会的地位の確立を目指し、質の高いプロ集団になり、企業の発展のための教育をサポートする。また、次世代を担う講師育成及び時代を先取りしたビジネス教育コンテンツの開発と普及・振興を行い、我が国の企業・団体の健全な発展とサービスの向上に寄与する事を目的として設立いたしました。

日本講師協会設立の背景

現在、研修講師は3万人以上が日本に存在し、基礎知識の有無・専門知識の有無・インストラクション技術の有無を問わず、有象無象に自流実践の場としての登壇を繰り返しています。

講師・コンサルタントの業界においては、講師の資質や専門分野・提供するサービスについては、基準となるスタンダードがなく、選択する側や講師を目指す人材においては、相談する機関もないという状況でした。

弊社では、他教育機関は行っていない唯一の教育インストラクション技術を教える組織として長きに渡り、貢献をして参りました。
この度、CS対応クレーム検定基礎知識編の実施にあわせて 個々人のクレーム応対力に対し客観的評価を下し、合格証を発行する機関として『日本講師協会CS対応クレー ム検定評議委員会』を発足させて頂くことになりました。


CSクレーム応対検定に関するお問い合わせ

マネジメントサポート

〒108-0014
東京都港区芝5-19-4芝5ビル2F

TEL:03-5418-4600
FAX:03-5418-4661(代表)


ご連絡

パスワード通知メールが受信できない場合や、受験の途中で不具合等が発生した場合は事務局側で新しいパスワードを発行させて頂きます。簡単な状況とID等をご記入の上、事務局あてにご連絡願います。

事務局メールアドレス info@ma-support.co.jp