『CSクレーム応対検定基礎知識編の概要』-『クレーム応対力』がどの程度備わっているのか組織全体で把握してみませんか?-

CSクレーム検定基礎知識編の概要

『クレーム応対力』の把握

CS向上・クレーム応対力向上・個人のレベルUP・現状把握・効果測定に最適!
『クレーム応対力』がどの程度備わっているのか組織全体で把握してみませんか?

当社で、蓄積した1万5千コースのクレーム応対研修実績から『クレーム応対』に必要な能力を体系的に整理・概念化し、検定試験に作りこみました。CSクレーム応対検定基礎知識編は、webを用いての60分間の検定試験です。基礎力習熟度、また、更なる向上にはどこを改善すべきかを診断するのにも最適です。

■目的■

●クレーム応対について『初期対応と解決力』に焦点を当てて個々人の基礎力をはかる。
   -基本用語・考え方・対応スキル基本の全般

●合格証取得者を養成することで、クレーム応対に関する意識付けをより強化する。
   -対内的にはクレーム応対への積極的取り組み姿勢を浸透させられる
   -対外的には顧客対応への取り組み姿勢をアピール

CSクレーム応対検定基礎知識編で扱う内容

CSクレーム検定基礎知識編では下記について扱います。

1)クレーム応対のプロセス上で求められる能力要件に関するパフォーマンス
2)顧客別クレームタイプへの理解と応対力
3)クレーム応対基本スキル・職種別評価・業界別評価


クレーム応対には、「クレーム応対のための専門的な考え方とスキルを」知識と実技両面から克服する必要があります。下記の要素の取得で現場対応力が見違える程変わります。
要素は過去5000回の研修実績・クレームサンプル事例の蓄積・クレーム応対できる各社のスペシャリストの人材に共通している要素などから構築されています。

交流分析を用いて 顧客様の言動・行動を理解する診断ツールも使用します。
顧客を分類・パターン化し、習得・参考にすることでクレーム応対処理の時間が
短縮されます。本プログラムの特徴のひとつです。

1回3,000円(税別)でWebから受験できます。

制限時間60分で50問出題されます。
合格は45問以上正解

試験終了後、合格・不合格のみが正面に表示されます。

※動作環境:Windowsパソコン


CSクレーム応対検定に関するお問い合わせ

マネジメントサポート

〒108-0014
東京都港区芝5-19-4芝5ビル2F

TEL:03-5418-4600
FAX:03-5418-4661(代表)


ご連絡

パスワード通知メールが受信できない場合や、受験の途中で不具合等が発生した場合は事務局側で新しいパスワードを発行させて頂きます。簡単な状況とID等をご記入の上、事務局あてにご連絡願います。

事務局メールアドレス info@ma-support.co.jp